uライン ニキビ

Uラインのニキビを治すには?治すための3つのポイント

 

1)保湿をしっかりする!
uラインにニキビができている20〜30代の女性は乾燥が原因でニキビができている場合が多いです。あご、フェイスライン、頬というのは顔のどの部位よりも乾燥しやすい部分。
お肌は乾燥すると、自分を守ろうとして皮脂を過剰に分泌します。それが大人ニキビの原因となるのです。だからこそしっかりと保湿することは重要なのです。

 

2)ホルモンバランスに気をつける
生理前や産前産後、ストレス、睡眠不足などで女性はホルモンバランスが崩しがちです。
ホルモンバランスが崩れるとお肌は水分油分のバランスが乱れ、肌は乾燥します。結果ニキビになるのです。ホルモンバランスの乱れは生理現象なので仕方ない部分もありますが、規則正しい生活やスキンケアでホルモンバランスを整える努力は必要でしょう。

 

3)お肌に刺激を与えない化粧品
お肌は刺激を与えるとニキビのもとになりやすいですし、ニキビができた肌に刺激が加わると治りも悪くなります。
基礎化粧品でニキビケアする場合はお肌にやさしい低刺激のタイプでスキンケアしましょう。
また添加物が入ってない無添加タイプの洗顔料、化粧品、美容液などを使うのも治すためには効果的です。

 

Uラインのニキビ | おすすめニキビケア化粧品ランキング

.ラミューテ化粧品

女性ホルモンに着目して作られた基礎化粧品がラミューテ化粧品。
配合成分ダマスクローズには女性ホルモンの働きを正常化、保湿効果、肌の調子を整える効果が期待できます。

 

草花木果どくだみ

草花木果の大人ニキビ肌対策化粧品が、草花木果どくだみです。
どくだみのちからと天然温泉水の力が繰り返すUラインのニキビをスベスベ肌へ導きます。

 

ノブ(NOV)

臨床皮膚医学に基づき、皮膚科の先生の協力の元作られた低刺激ニキビケア化粧品がノブ(NOV)です。
敏感肌の人におすすめ。肌にやさしい低刺激の化粧品で、美白効果も期待できます。。

 

Uラインのニキビを治す!おすすめはラミューテ化粧品

 

uラインのニキビ対策はラミューテ化粧品でスキンケアするのがオススメ!

 

保湿効果に優れ、低刺激というのはもちろん女性ホルモンのバランスにも着目した化粧品です。

 

女性ホルモンバランスに着目

配合成分ダマスクローズが崩れたホルモンバランスを整えるのに効果的。
生理前後やストレスを抱えたとき、産前産後などにニキビができやすいという方は特に注目。
ホルモンバランスを整えることをサポートするスキンケア化粧品でuラインのニキビをケアするとしつこいニキビも落ち着くかもしれません。

 

優れた保湿効果

微粒子保湿成分のナノヒアルロン酸やナノコラーゲンがたっぷりと保湿された潤った肌へ導きます。
また一時的に潤うのではなく、プラセンタやヘキサペプチド-3が使い続けることで自ら潤いを作り出す肌を育てます。
乾燥しやすいuラインはもちろん、ニキビができにくい肌へ導きます。

 

低刺激でニキビを優しくケア

ラミューテはパラベン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成界面活性剤が一切配合されていません。
肌に刺激を与えず尚且つ美容・保湿成分がニキビ肌をやさしくケアします。
低刺激にこだわったニキビケア化粧品なので、敏感肌の人にも安心です。

 

【コラム】産後は水分不足です!
産後はとにかく乾燥肌になりました。元々はどちらかと言えば油性肌だったのですが、妊娠中期から乾燥が目立つようになり、産後はさらに酷くなりました。
もちろん、これまでと同じスキンケアができない(赤ちゃんのお世話に追われそれどころではない)と言う物理的な理由もあるとは思いますが、根本的に肌が変わったように思いました。肌質が硬くなった、という感じでしょうか。
産後しばらくはほとんどメイクをしない日が続いたので、肌もきれいになるかな?なんて思っていましたが真逆でした。慣れない育児に睡眠不足で一気に老け込んだ気がして落ち込んだこともありました。
それからは、メイクをしないのは肌にも(真冬の乾燥した室内でしたので余計に)、精神衛生上にも良くないのではと思い、毎朝軽くするようになりました。
また、肌のゴワつきも気になったので、週に1〜2回のピーリングと日々産後 ニキビ 化粧品を使ってのスキンケアを徹底しました。さらに乾燥しないか心配でしたが、肌が柔らかく化粧ノリも良くなるので習慣にしました。
関係あるかどうかはわかりまへんが、産後は足の裏まで硬くなり、切れてしまうことがよくありました。ヨガ教室に通っており、ママさん方と悩みを共有したのですが、産前より日焼けしやすくなった、という方もいらっしゃいました。